さっぽろ すすきの バニーガール ミリオン ガールズバーへ凸激してみたよ

こんばんは、小生です。

バニーガール

バニーガール

バニーガール

だから何?ではなくて、すすきのには、バニーガールと戯れられる店が聞き、むむっと待ち合わせまでの時間で行ってきましたよ!

じつは、このバニーガールの店、その名をミリオン と言います。

これは、もう3~4年前だったかなあ、すすきのあたりの大通りを車で走っていると、大通りの2階の店のガラス越しに、、、

ケツ・・・

しかも、バニーのけつ・・・・・・・

事故りそうになったわ。

そう、その店がバニーガールで有名なガールズバー すすきの ミリオン。

 

あの衝撃から早数年、ガールズバーは正直なところ、小生は好みでない。

どっちかいうと、スナックとかのほうが好きだ。

何が、いやかって、割高になる料金システムと、女の子のドリンクだ。

結果、セクキャバと同じヤン、って経験を何度もしているからだ。

 

とはいえ、あの数年前のけつの衝撃、これは一度言ってみるしかない。

調度、すすきの 狸通り のジンギスカン 士別バーベキューに置いてあった、すすきの夜案内にクーポンがついていることだし、いってみっかと。

NIKKAおじさんの待ち合わせが20時だったので、開店の19時と同時にGO!

にちなみに、日曜だったので、ミリオン4店舗ありますが、休みのお店があるので注意!

 

そう、あのけつのバニーガールのミリオン、現在は、なんと4店舗に増えていました。多っ

みんな、そんなにバニーガール好きか・・・

プッシーキャットでいいじゃねーか、って、プッシーキャットとミリオンでは、客層が多分違いますな。

すすきのミリオン 駅前通本店・5条通店・南4条通店・座通店

それぞれ料金体系が少し違ったりするので要注意です。

 

すすきののガールズバーは、男性は、ビールも含めての飲み放題が多いようですね、東京も見習って欲しい。

 

そして今回は、クーポンで、70分3000円 だったと思う、ミリオンで5条通店へいきます!

 

いや~、しかし、確か違う店にいこうと思ったら間違えたのか、しまってたんだけど、その店の近くにスポーツバー的なガールズバーが、、、呼び込みがはげしいっす。

時間まだ19時だよ。

で、5条通店を目指します。ラフィラの裏というか、すすきのは密集してるから移動が楽ですね~。

 

お店の前を通るとバニーが、バニーガールが!?いた。

と思いつつ、少し恥ずかしくなって、ミリオンの前素通り・・・

意を決して、回れ右して、いざ、とつげき!

 

とりあえず、バニーガールに、1人の旨と伝えて、カウンターに着席。

バニーガールだわ、しかもTバックの。

バニーガール。

バニーガール。

バニーガール。

 

ほぼ開店と同時だと思うので、小生が一番乗り!

カウンターを一人で独占です。

お店自体は、そんなに広くはないですが、週末はぎゅうぎゅうになるんだとか。

今日日曜だからね、街自体人が少し少ない。観光客は帰っちゃうし。

 

とりあえず、バニーガールが2匹付きました!2匹。

いや、そんなにいらないんだがと思いつつ、ご挨拶しーの、ビールをオーダー。

 

とりあえず、Tバックのバニーなんですが、カウンター越しだとまったく関係ありません。

見えません。

店によっては、横につくとか、あるっぽいのでお店は好みで選びましょう。

最初の2人のバニーガールちゃんは、

一人は、20前後のぽっちゃり巨乳系

もう一人はスレンダーCカップ色白というとこでしょうか

小生的には後者が好みです

で、たわいもない会話をしつつ

「バニーちゃんも飲んでいいですか?」

どうぞ!

と、大人の対応。

でですね、当たり前なんですが、バニーちゃん2人、ドリンクは2杯です。

ドリンクは1杯1000円です。ま、こんなもんですね。

しかし、小生の好みの一人と話したいんだが、一人どっか行けとは言えないんで。二人と適当に会話をします。

 

そして、少しして、

バニーチェンジ!

小生の好みのバニーちゃんが、チェンジ 泣

なかなか再訪できないし、指名はしてもねえ、ってことで、次のバニーが来るまで、もうひとりのバニーちゃんと会話。

 

なんと、どうやら、今日が体験入店だったらしいです、ってことは、小生が一番はじめの客か!?

少し、うれしい気がしますね。

なんか得するわけではありませんが。

 

そして、今度は、ぽっちゃりをさらにぽっちゃりさせた爆乳バニー登場

小生、乳はCくらいがベストなので、あまり巨乳に興味はないんですが、かなり男の性ですね、

バニー衣装、どうしても胸にちらちら目線がいってしまいます。

多分、コブ●ロの人はサングラスを常にかけてますが、おっぱいに目がいってしょうがないんでしょうね。だから、常時サングラス。

 

そして、会話で、さらにドリンクおねだり!

小生、ことわれねーんだよなあ。

 

で、またたわいもない会話。

しかし、どこから来ましたか? 東京 っていうとえっって少し驚かれるんですが、地元民の方がおおいんですかね、ここは。

 

で入店から50分再度のドリンクおねだりも、ごめん待ち合わせの時間があるからチェックでということでお会計。

 

ざっくり7000円でした、女性ドリンク4杯ですからね、普通にきたら、2人バニーちゃんがつくってこともないでしょうから、1時間5000円程度ですかね~。

うーん、コスパについては小生が言及するのはやめておきましょう。

ガールズバーの楽しみ方をだれか、小生に教えて下さいませmm

 

ってことで、すすきのバニーガール ガールズバー、無難に終わりました。すいません。

しかし、バニーガール=えろい なんか男のロマンというか、そういうのがあってしまいますね。

なんだろなあ。

みなさんも、是非、一度足を運んで、バニーガールを捕獲してみて下さい!

同志の検討を祈る!

素人にバニーガールコスプレさせるならこっち

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る