小岩 バリバリ そうそこはまさに男の楽園 東京 小岩にあった 日本人 洗体 ぬるぬるローション泡泡 受身だけど気持ちいい

どうも、ご無沙汰してます、小生です。

最近、記事の更新がねーんじゃねーのって、・・・すいません・・・ 全然、最近、凸撃していません。

が、ちょっと面白い店を見つけました。

 

小生、なまじか、洗体が好きなんです。

ただし、抜きなしじゃ面白くない・・・

という小生にうってつけの店が、名古屋のルポゼ かの有名なチサンマンションに入っている、店舗型の洗体 回春 マッサージ店です。

もちろん、ヌキあり

が、、、いかんせん、名古屋遠いのと、ちょっと割高な料金体系なんですよね、ただし、当りをひけば、全然、無問題な店ではあるんですが。

って、ことで、よく洗体の店は探すのですが、なかなか東京都内だとない・・・。

池袋のラブランド、秋葉原のアキバセンジャーは、原則、抜きなしの健全洗体店なので、ちょっと…な感じで。

どうか、この2店舗でヌキに成功した同志いたら、教えて下さいまし。

 

ってことで、探してたらなんと発見、場所は、

小岩!

小岩・・・

小岩!?

 

そう、あの小岩。てか、小岩に日本人の洗体なんてあんのか・・・

というか、あそこは、半分中国店ばっかりだし、洗体といえば、中国人マッサージ ぼったくり含むのよくあるサービス。

ほんとか・・・

という疑問符の中。

どうやら、調べただけでも、2店舗も存在している!?

だと・・・・。

正直なところ、小岩は1回、錦糸町は2回ほど、しか行ったことないんですよね。

超どアウェー しかも、ちょっと遠いよ・・・。

でも、

でも、

でもでもでもでも、

到着ですよね~。。。。。

 

今回のお店は、小岩バリバリ ※ヤンキーのバリバリではなくて、バリ島のバリが2つでバリバリです

駅南口の怪しい商店街というか、そういう店の通りを通り抜けて、歩いて5分ほどのところにあります。

ここで要注意、最寄り駅は、JRの小岩駅です

京成の小岩はめっちゃ遠いです。小生、そっちから行きました、汗だくです。店につくなり。

 

店は、まーキャバクラなどがおおい地域の、ビルの一角の地下です

ドンキホーテと、スーパー銭湯湯宴を目印にして下さい。そこの交差点から少し南にいったところです。

 

今回は、40分5000円の初回お試しコースにしました。

電話予約できるので予約して、時間通りに到着、電話応対の感じはとても良いです。

通常コースだと、60分8000円、この値段で、洗体にヌキがついているなら、コスパとしては悪くないんじゃないでしょうか。

指名料は、2000円、おきにができたら1時間1万円ですね、まあ悪くない。

ただし、HPには、いつものあの注意書きがあります、

当店は風俗店ではございません

うーん、ここは、小岩、どうなるんでしょうか。同志の口コミによると小岩らしいお店とのことです。

ま、究極なくても、満足できる価格帯ではあるんですが。

 

到着して、まずは階段を下りて、受付。

受付は、電話の感じだと若い兄ちゃんかと思いきや、50歳過ぎのおじさん。

電話と変らず丁寧です。

ただ、今なら60分でのご案内もできますよと言われますが、今回はとりあえずの40分でとお願いして、5000円ぴったりを支払います。

領収書も滞りなくもらました、好感がもてます。

本日ですが、私あまりしないフリーでの突入です。

洗体は、まあ完全受身になるので、いいかなと、HPでぼかしでわかんないし。

 

と思っていたのですが、受付中に、階段を下りてくる音が・・・

女っ

おそらく、小生の予約時間から出勤の嬢かと思われます。

ちょっと気の強そうだけど、きれいタイプのスレンダーな女性。

おおおお、、あの子でっっと、言いそうになりましたが、すでに受付が終盤の為、我慢。

 

本日の出勤は、4名。1人がギャル、3人はまあふつうそうな黒髪の子。

 

どうかな~と待合室で待ちます。お店は少し古いだけ合って、ですが、まあ、清潔感などは全然許容範囲でございます。

 

そして、待合室の横の壁とこつっこつっと音がして、嬢が迎えに参ります。

おお、あのHPのギャルの子だな。

ギャルかあ、ギャルかああ、ギャルかあああああ

小生見た目だけだと、ギャル系はちょっと敬遠なんですが、まあ、正確がよければということで、気を取り直します。

 

そして、部屋に到着。

部屋は、部屋によってサイズが違うらいいんですが、3嬢ほどの待機所?とシャワールーム2~3嬢くらいがあります。

まずは、ご挨拶からの、紙パンツ(トランクスタイプ)を手渡され、着替えます。

その間に嬢は、先にシャワールームで準備をします。

貴重品は、よくあるあの、ビニールのチャック袋に入れてシャワールームへもって行きます。

 

40分コースは、まずは、オイルマッサージで、後半に洗体となってますので、まずは施術台にうつぶせに。

オイルマッサージのスタートです。

嬢の格好ですが、下着の上にパレオです。

型紐がやらしい感じですねですが、パレオは取れません。

ま、たわいもない会話をしながら、マッサージを受けます

この嬢、見た目はギャルだけど、割とマッサージがうまい。

普通に眠りそうになります。たまには、オイルもいいですね。

そして、ギャルの見た目と裏腹に、話もうまく、しっかりしていて非常に好感触です。

たまに、こういうギャルがいるんですよね、見た目とのギャップというか。

 

そして、オイルが終わったらお待ちかねの洗体です。

まずは、背中に泡をのっけて、さわさわ。

紙パンツの中身の手と泡をつっこんで、キワキワマッサージ。

おしりのあたりをすーっと、さわさわ、きもち恥ずかしいあれですね、洗体によくある。

小岩あなどれなし。

 

そして、次は、全面、普通に紙パンツ掃いたまま、施術。

この時点で、もう全身泡泡です。

前向きも、やはり紙パンツの中に泡を突っ込んできて、手も突っ込んでのキワキワマッサージが。

人によっては、この時点でフル勃起かもしれません。

 

このまま終わるのかとおもったその瞬間・・・。

嬢がいきなり、紙パンツのサイド部分を、両側、ビリビリっとやぶります・・

ンン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。。。。。。。。。。。。。

 

確定情報ではありませんが、小岩的な、あわあわのなかのコキコキされながらの、フィニッシュで、最後に泡を流して終了です。

 

ある程度、泡を流したら、終わったら、出た電話を鳴らして知らせてくださいね、と言われ嬢退場。

シャワー室に一人の小生、、、、、

とりあえず、泡を流して、オイルがとれねーなーとか思いつつ入念に洗い流します。

そして、電話をすると、少々お待ちのと。

部屋で待つと、なんと嬢がお茶を持って、戻ってきました。

おお、最後のこんなサービスあんのね、と関心しつつ、お茶を飲んで、嬢に入り口まで見送られて退店です。

 

地下からの階段を上ると日差しがまぶしいなあ、飯でも食って帰るか。

ちなみに、お店の隣には、小岩っぽくない、ステーキにお店があります。

ランチはリーズナブルなので、おすすめです。

 

さて、初の小岩訪問となったわけですが、結果としては、

満足度高し!再訪あり!

でした。

 

行ったことない人は、まずは、40分5000円のコースを試してみて欲しいです。

日本人 洗体 ●● と3拍子そろったいいお店でした。

小岩という、場所がちょっと遠い意外は完璧です。

 

ちなみに、小岩にはもう1店舗 小岩 アロマローマ というお店もあるので、今度行ってみたいと思います。

飲み屋も充実してるので、今度、是非、夜歩きもしてみようと思います。

では。同志の検討を祈る!

ホテルでぬるぬるローションプレイなんかもおすすめ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る