札幌 すすきの ハレンチ女学園 すすきのにして初のハレ系を体験するものの・・・

やはり観光地に行くと羽を伸ばしたいのが、暴走することがある。

そして、今回は、その暴走の矛先が小生に向かって来た体験談である。

さらに、今回のお店は正直なところ小生は普段であれば絶対に行かないヘルス、でも、男には行かねばならない戦がある。

そんな体験談である。

そして、舞台は、北の性地 札幌 すすきの では行ってみよう。

 

それは、すすきの3日目の昼下がり。

やはり、札幌といえば、回転寿司だろうと、朝飯は11時から前日の飲みすぎをこらえつつも、札幌 なごやか亭 うまい!

ここは、本当にうまいっす。か○ぱ寿司でも見習ってほしいもんだぜ。

なごやか亭は、郊外にしかないのがネックなので、なかなか観光客だとアクセスが車がないと難しい点がネックですが。

 

そして、午後の用事があったので、とりあえずラフィラあたりで小休止。

連れがおもむろにパソコンを開いて何かを調べております、悪い予感が。

その顔は、どう見ても、むらむらしてこれから発射しそうな顔。

ふと連れのmac book airを覗き込むとやはりピンクの画面ですね、白昼同道と、おまわりさーん、変態がいますよ~職質して下さい~という感じです。

 

そして、おもむろにTEL.

○○ちゃん今日いけますか~?

指名すんかい!

じゃ、あと、3名○時から、大丈夫ですか?

 

ん、つれ+3名

連れ、連れの連れ、被害者、俺・・・

頭数入ってるヤン!しかも、小生は、ヘルスは行かないねん!

とごねごねしながらも、結局いく羽目になる。

ま、飲み会でだれか他のやつを突っ込ませればいいかなと思いながら。

 

午後の用事を済ませて、その日は、現地の方々と、夜は飲み会。

そして、時が満ちる。

 

結局、

連れ、連れの連れ、被害者、俺・・・

の4名で、ハレンチ女学園 札幌市中央区南6条西5丁目 シティボーイズビル4F へ完全なすけべ面でほろ酔いの中GO。

意思が弱いな、小生。

場所は、分かり易い、ヘルスしか入ってない巨大エロビルの中にある。

入店、しっかし、相変わらずすすきののお店はでかい。待合室もでかい。どれだけでかんだ、北海道はでっかいどう。。。。。

 

さて、話を戻すと今回予約されたのは、ハレンチ女学園

いわゆるハレ系グループといわれる巨大ヘルスチェーンである。

東京にも店舗があり、セレブショップ新宿、メイドイン中野

そして、何故か、鶯谷にあるのに秋葉原なメイドin秋葉原

しかし、調べたら、札幌、埼玉、東京、神奈川、福岡、熊本と、48店舗もあんのね、多っ

各地のハレ系は、よく知らないが、東京の3店舗に関しては、かなり繁盛しているという印象がある。

昔、連れが行きたいといいだして、メイドin秋葉原に付き合ったことが、あるが、3時間待ちと言われ退散したイメージがある。

そんなに、いいのか、ハレンチグループ。

ってことで、実は、今回はとばっちりなんだが、ハレ系とはなんぞやというのを一度体感してみたくもなかったわけではない。←言い訳。

 

しかし、札幌に限って言えば、10店舗以上、それぞれがジャンルにあわせたイメクラ・ヘルスが多数。

すげーな、この数。

そして今回は、学園系イメクラヘルス、若い子じゃなきゃだめっしょということで、期待に股間を膨らませているが・・・

 

話がそれたが、予約していたので、それほど待たず、4人の同志達が順々に呼ばれます。

小生は、2番目くらいだったかな。

しっかし、店内広いな~、で、プレイルームへ到着。ご対面。

ぐぬぬぬぬぬぬぬ・・・・

うーん・・・・

ちょっと、ぽっちゃりだな。

そう、これが小生の札幌ヘルスのイメージ、ちょっと寒い冬だからか、ぽっちゃりな子が多いイメージなんですよね、その分胸はでかいから、むっちり巨乳好きにはいいかもしれませんが。

顔は、かわいい系ってとこですかな。

あ、ハレ系に関しえては、ホームページの写真の修整というかレタッチがうますぎて、まったく選びきれません。要注意です。

ので、うーん、勝手につれに選ばせたのがあかんかったか。

と、思いつつプレイ開始。

 

プレイに関しては、いたって普通のヘルスかな、制服でイメクラシチュエーションができる以外は。

しかし、悲しい男の性。

微妙と思いつつも、ギンギンに・・・

どうせ来たらもとを取ろうじゃないけど、発射しないとという悲しい感じ、途中からなんかスイッチが入ってしまいます。

結果、あっという間の40分で発射して終了。

見送られてビルを出ます。

 

今回の感想は、一言で言うと

なんか違うんだよなあぁ

再訪するかといわれると、小生はヘルスに行かないから、無い、が、無くも無い。

なんか、違う。なんだろう、この違和感は。分からない。

という顔をしながらビルを出ると、被害者A氏に遭遇。

 

こっからは、男同士のプレイ後のピロートークですよ。

「どうでした?」

「また、後で話しまずわ、そちらは?」

「なんか違うんですよ、でも分からないんですよ」

「なにがわからないんですか」

というような、わけの分からないトークをしているうちに、首謀者X氏、連れの連れB氏もプレイを終えて合流。

 

しかし、ここで首謀者X氏の、顔がホクホク。

「いや~よかったっすわ~」

被害者A氏から殺気が漂っています。

とりあえず、居酒屋に移動して反省会。

 

今回の結論

小生「なんか違う」

首謀者X氏「たまらんかったすわ~最高っす~」

被害者A氏「ご臨終」

B氏「普通」

被害者A氏に関しては、写真とはまるきり違うドラム缶が出てきたようです。どうやら、入店時に撮影した写真そのままで、入店後太ってしまった嬢に当たったようです。

うん、そういうことあるアル。いつ取ったんだよ、その写真。

特に宮崎のソープ。おいおい、入店時て10年前かよ!なんてことがザラ。

そして、ここはすすきの、ハレンチ系。おい、それはだめじゃないか。

なんとうか、巻き込まれた被害者A氏が一番のババをひくという結果にあいなりました。

まあ、小生も巻き込み事故にあったようなものでしたが、こうやって野郎同士で同じときを共有するといいうのも悪くはないですな。

ハレ系に関しては、在籍は抜群に多いので、お気にを見つければいいと思います。どこも一緒ですが。

あとは、安いですからね、多少の当たり外れはあってしかりかと。

なんか違うけど、同志の検討を祈る!

どうせやるなら若くて可愛い素人

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る